ホーム > 小児歯科

小児歯科

お子様の歯は大丈夫?子供の頃から定期的に検診することが大切です!

お子様の虫歯予防、虫歯治療、歯周病予防、歯並びの治療などを行います。
一見、一般歯科とそう変わりなく見えるかもしれませんが歯医者を怖がるお子様が圧倒的多いです。
小児歯科とは、お口のケアだけでなく、お子様と向き合い、ご家族と一緒に診ていくことが最も大切なことです。

当院ではキッズスペースを完備しております。お気軽にご利用ください。

年齢別のお口のケア

年齢別のお口のケアのイメージ
1~3才のお口ケア

この時期は、定期検診がとても重要です。
※3ヶ月検診…小さいお子様へ負担のかからない低濃度のフッ素塗布とお母さん・お父さんへの食事・ブラッシング指導を中心に行います。

3~5才のお口ケア

この時期から、お子様ご自身が自分で正しく歯を磨けるようにブラッシング指導を行います。
定期検診をしっかり行ってください。

6才のお口ケア

歯の王様「6才臼歯」が生えてくる大切な時期です。
生えたばかりの歯は、とても虫歯になりやすく、噛む面の溝が深いので磨き残しが多くなります。
臼歯が生えてきたら一度ご来院いただくことをお勧めします。

6~12才のお口ケア

成人と同じ予防対策を行っていきます。
必要であれば、噛む部分に樹脂をつめて虫歯予防をします。(シーラント)

予防対策治療

予防対策治療のイメージ
フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗布することにより、歯の表面を強くして細菌を減らします。
当院では、治療終了時に無料でフッ素を塗布いたします。
継続した効果を得るために、3~6ヶ月ごとに塗布されることをお勧めします。

シーラント

奥歯の噛み合う面(咬合面)にある溝を虫歯になる前に埋めてしまう簡単な方法です。
特に溝が深くて複雑な形をしている6歳臼歯は磨き残しが多くなってしまうことがありますが、シーラントで平らにすることによってそのリスクを減らすことができます。
シーラントは3~6ヶ月で自然に取れてしまうため、年に2回程度、定期的に行うことをお勧めします。
また、シーラントをしている歯の溝から虫歯になっていく可能性は低くなりますが、ブラッシングを怠るとそれ以外の歯と歯の間などから虫歯になってしまいますので、きちんと歯を磨くことも心がけましょう。

小児歯科Q&A

乳歯の虫歯は永久歯に影響しますか?

乳歯が虫歯になった場合、早期に治療を行えば永久歯には影響はないでしょう。しかし、虫歯を放置し、歯と歯の間の隙間ができると、歯が動いて永久歯が生える隙間がなくなり、歯並びが悪くなります。また、虫歯で歯がなくなってしっかり噛めないと、顎の成長も悪くなります。
根の炎症を放置すると、永久歯が変色したり、形成不全を起こしたりします。

永久歯が生えてくるんだし、乳歯が少しくらい虫歯でも大丈夫?

乳歯が虫歯にかかったままだと、生えてくる永久歯も影響を受けて虫歯になりやすくなります。乳歯の虫歯は進行が早いので、抜歯する場合もあります。あまり早い段階で乳歯がなくなると、生えてくる永久歯の歯ならびが悪くなることが多いのです。そのため、乳歯に虫歯ができたら治療を受けることをお勧めします。

まだ乳歯があるのに永久歯が生えてきちゃった。どうしたら良いの?

6歳前後になると、乳歯はぐらつき、自然に生え変わります。もし、先に永久歯が生えてきたとしても、乳歯がぐらついていれば自然に抜けることがほとんどありません。その乳歯がまったく抜ける様子がないようでしたら、抜歯が必要かもしれません。その場合はなるべく早くご相談ください。

永久歯が生えたのですが、ぐらついています。大丈夫ですか?

生えたての永久歯は、歯根がしっかり根付いていません。ぐらつくこともありますが、次第に固定されるはずです。気になるようなら、きちんと当院まで一度ご相談ください。

虫歯ってうつりますか?

はい、虫歯はうつる病気です。大人の口の中には虫歯の原因菌が潜んでいます。ママの箸やスプーンで食事を与えることによって、虫歯がうつることはよく知られています。そのため、お子様専用の食器を使うことをお勧めします。

■所在地
〒335-0005
埼玉県蕨市錦町1-12-1
イトーヨーカドー錦町店 2F
※駐車場 無料
※戸田駅からのルートはこちら

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ