ホーム > 予防歯科

予防歯科

虫歯ができてから、痛くなってから歯科医院に行くものだと思っていませんか?

歯は私たちの身体のなかでも最も重要であり、復元力の弱い部位でもあります、一度失ってしまったら簡単には元には戻りません。歯科医によるケアと毎日の歯磨きなど、ご家庭でできるケアで健康な歯を維持するのが予防歯科です。

プロのケア

プロのケアのイメージ
クリーニング(PMTC)
フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗布することにより、歯の表面を強くし細菌を減らします。
当院では、治療終了時に無料でフッ素を塗布いたします。
継続した効果を得るために、3~6ヶ月ごとに塗布されることをお勧めします。

セルフケア

ブラッシングケア

毎日のブラッシングにより歯に付着した歯垢の除去もでき、結果的に歯周病、歯肉炎の予防にもなります。
普段から自分自身の歯と歯茎の状況をチェックする習慣も身につけておきましょう。
当院では、ブラッシング指導を行っています。一度お気軽にご相談下さい。

予防歯科Q&A

どれぐらいの間隔で予防歯科の検診を受ければ良いですか?

口腔内の清掃状態・唾液の成分により個人差はありますが、3ヶ月ぐらい経つと多くの人は歯石ができてしまっています。早い人では1ヶ月もしない間に歯石ができてしまっている事もありますが、通常3ヵ月ごとの歯石除去をお勧めしています。

歯石を除去するのに痛みは無いですか?

痛みには個人差があります。
歯肉の状態・歯石のついている量・硬さ(ついている期間)などによって変わってきます。
歯肉の状態も定期的に除去されていて歯石の量も少ない方はほぼ痛みはありません。
歯肉が腫れている・多くの歯石が強固についている場合は、状態のいい方に比べ痛み出血をともないます。また、歯の根元が見えている場合もピリピリと痛みを感じることがあります。
※もし強く痛みが出る場合は麻酔をしてから除去することもできます。

歯磨きだけではダメですか?

虫歯や歯周病にならない為の一番の予防法は、やはり「歯磨き」です。
普段の生活でお口の中に広がる汚れは、しっかりとしたお手入れの方法を身につけていれば、「歯ブラシ」と「フロス」で十分に落せるものです。当院では正しいブラッシングの方法も指導いたしますので、お気軽にご相談ください。
ただ、歯の隅々まで磨けている人はなかなかいません。どうしても磨き残しができてしまいます。そういう部分は歯科医師や歯科衛生士などのプロの手で定期的にPMTCを行う方が、より現実的な虫歯予防になるでしょう。
予防として利用されるフッ素などの薬剤は、その方のリスクに応じた使い分けが必要です。

なぜキシリトールは歯にいいの?

キシリトールは他の糖分に比べ、虫歯を作らないだけでなく、虫歯の発生を少なくするためで、これは疫学的な研究によって明らかになっています。
しかし、キシリトールだけでできている製品はありません。成分の中に砂糖や発酵性の炭水化物が入っていると、効果はあまり期待できません。また、キシリトールが含まれている食品で「歯によい」ものは、シュガーレス表示があるガムか、タブレット(錠菓)に限られます。

キシリトールの効果はどれくらい?

1日3回100%キシリトールガムを摂取してプラークが減るのは1~2週間です。
更に3ヶ月間摂取すると、虫歯になりにくい状態になります。その後3ヶ月くらい摂取を辞めても効果は持続するようです。
ただしキシリトールを使った虫歯予防法は追加型と呼ばれ、現状の虫歯予防法(歯ブラシ、フッ化物、正しい食生活、歯科定期検診など)に取って代わるものではないことをご理解ください。

■所在地
〒335-0005
埼玉県蕨市錦町1-12-1
イトーヨーカドー錦町店 2F
※駐車場 無料
※戸田駅からのルートはこちら

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ